大規模知識処理
labimage

大規模知識処理研究室とは?

インターネット社会の発展とともに、大規模で多様な知識コンテンツを自在に編集して流通させる知識メディアの世界が広がりつつあります。 いわゆるビッグデータが流通する時代となった現在、利用者が必要とする知識の検索・編集・分類・解析・列挙・索引化などの知的な情報処理を円滑に行うためには、大規模データを超高速に扱う基盤技術が不可欠となっています。

本研究室では、最先端のアルゴリズムの理論をベースとして、機械学習、人工知能データマイニング、統計科学、システム最適化、情報セキュリティなどの最新技術を活用し電力・通信・交通・商取引・防災などの社会基盤システムの解析・設計や、材料/生命科学のビッグデータ解析など、実社会の幅広い課題に貢献することを目指します。

2016年度2学期 定例活動

  • 毎週火曜日 12:00~14:30 ランチミーティング
  • 毎週水曜日 16:30〜18:00 Knuth本輪読会
    本: TAOCP, Vol 4A, Combinatorial Algorithms: Part 1
  • 毎週木曜日 15:00〜 定例ゼミ (IKNアルゴ研 合同)
  • 毎週金曜日 15:00~16:30 研究セミナー