大規模知識処理

H29年度基盤(S)プロジェクト最終セミナーと今後 2018年4月1日

3月29日に本年度最終の基盤(S)プロジェクトのセミナーを湊先生が行いました。湊先生が北大で最後に行うトークでした!中継で参加くださった皆様ありがとうございました。

湊教授は京都大学 大学院情報学研究科・通信情報システム専攻・論理回路分野に異動になります。転出後も引き続き基盤(S)の活動は北大で存続し、新年度からは「基盤(S)短期滞在セミナー週間(通称”SSSW”)」という名前で、3~5人程度の研究者を1週間ほど北大に招へいて集中的に行うセミナーを、毎月1回程度開催する計画です。

タイトル
基盤(S)プロジェクトのこれまでの振り返りと今後の研究計画について

発表の概要
ERATO後継プロジェクトの位置づけで開始された基盤(S)離散構造処理系プロジェ
クトは今年度末で3年間が経過した。H30年4月からは、研究代表者の湊が京都大
学情報学研究科に移籍し、新たな体制で研究活動を継続することになる。本講演
では、これまでの本プロジェクトの研究経過を簡単に振り返るともに、今後の研
究計画について述べる。さらに時間があれば、湊が最近興味を持っている研究に
ついても触れたい。

終了後、基盤(S)来客者にはおなじみ(?)祐一郎商店にて、コアメンバーで打ち上げしました!湊先生、石畠先生、お疲れ様でした。

H29年度 卒業修了 2018年3月23日

3月22日は学位授与式で、本年度で巣立っていくみんなの晴れ舞台でした。皆さん、お疲れさま!

大規模知識処理を巣立った人たちが、これから社会を支えていくのを楽しみにしています。そして、湊先生、石畠先生どうもありがとうございました!!

255th ACS National Meeting & Exposition 2018年3月19日

3月18日から22日までアメリカ・ニューオーリンズで開催された米・化学会(ACS, American Chemical Society)の春の年会「255th ACS National Meeting & Exposition」にて、瀧川が講演しました!

  • Machine learning predictions of factors affecting the activity of heterogeneous metal catalysts (I Takigawa, K Shimizu, K Tsuda, S Takakusagi)

参加者一万数千人規模の大きな会議で、各分科会ごとにtechnical sessionも様々に開かれていました。瀧川が発表したのは”Machine Learning for Catalysis Research”というセッションで、2日に渡る枠の初日2番目の登壇者でしたが、1番目の方が来られなかったので、なんと最初の登壇者になりました!朝早くからでしたがちょうど会場もたくさん人が来ていて良かったです。有名な先生も色々見かけました。

DFTのセッションで(NIPSでも見た)Kieron Burke先生が「Rage against the Machine Learning」と称したように計算化学界に機械学習の波が来ているようでした。分科会でCATL(触媒化学)、COMP(計算化学)、CINF(ケモinfo)、PHYS(物理化学)などの関連する範囲では下記のようなセッションがありました。ちょうど裏番組になっていたりして聞きたくても聞けないものもありましたが大変勉強になりました。Bajorath先生の受賞セッションは久々にchemoinfoな感じを思い出せました。

  • CATL: Machine Learning for Catalysis Research
  • PMSE: Synergy between Computation & Experiment in Accelerated Materials Discovery
  • COMP: Marriage of Machine Learning, Knowledge Representation & Chemical Sciences
  • COMP: ACS Award for Computers in Chemical & Pharmaceutical Research: Symposium in honor of Jürgen Bajorath
  • PHYS: Adventures in Density Functional Theory

ちょうど東京大学の津田先生の飛行機が遅れて発表時間に間に合わなくなり、急遽、代理で口頭発表も担当しました。この話題では共同研究者という訳ではないのですが、こちらも興味深い研究ですので、よろしく(?)お願いします!

  • Monte Carlo tree search for designing novel molecules and materials (K Tsuda)

ルイジアナ州ニューオーリンズ(NOLA)もとても良かったです。着いた日はちょうどSt Patrick’s Dayで緑づいていたし、NOLAと言えば世界有数のカーニバルのマルディグラやJazzの地だし、少しフレンチの入ったお洒落で独特な素敵な街”the big easy”でした。

学会自体と年度末仕事のためフレンチクォーターや観光には結局全く行けずでしたが、路面電車やローカルバスに乗ってスーパーや本屋に行きました。会場すぐ横がミシシッピ川沿いのRiverwalkというアウトレットモールでデッキに出るといい感じでした。停泊していたどでかい豪華客船が出航していくのを見ました。宿泊ホテルから会場は徒歩で20分くらいかかりましたがオークションハウスもあるギャラリー街を歩いて通勤できました。NOLAということで、Lin Emeryのあの謎オブジェを良く見かけた気がします。

Jazz it up!!

人工知能学会 第106回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI) 2018年3月18日

3月16日-17日に鹿児島県指宿にて開催された第106回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)において、研究室の大畑さんが発表しました (熊澤さんも)。お疲れさま!

  • 「ZDDを用いた組合せテストケースの列挙索引化に関する実験と考察」○大畑翔平(北海道大学),湊真一(北海道大学)
  • 「ZDDを用いた三角形分割パターンの列挙とその応用に向けて」
    ○熊澤 輝顕,鈴木 浩史,石畠 正和,浅井 哲也,池辺 将之,本村 真人,高前田 伸也(北海道大学)

第80回情報処理学会全国大会 2018年3月15日

3月13日〜3月15日まで早稲田大学で開催された第80回情報処理学会全国大会で、研究室から下記の2件の発表を行いました。高橋さんの発表は学生奨励賞受賞を頂きました。おめでとう & お疲れ様でした!

また、ランチョンセミナーとして、研究室が関わっています、北海道大学と日立製作所が共同で開催した、産学協同初のマラソン型*プログラミングコンテスト(Hokkaido Univ. & Hitachi New-concept Computing Contest 2017)の表彰式を開催しました。

http://www.hitachi.co.jp/rd/event/2018/hokudai-hitachi2017-award.html

異分野融合ワークショップ「データ科学との融合による化学の新展開」 2018年3月14日

3月13日〜14日に、奈良先端大で開催された異分野融合ワークショップ「データ科学との融合による化学の新展開」において、瀧川が講演しました! 他の発表もとても興味深く、大変勉強になりました。

  • 瀧川 一学(北海道大学・JSTさきがけ)
    「分子のグラフ表現と機械学習」

卒論修論おつかれ会 2018年2月15日

2月14日の修士論文発表会終了後におつかれ会ということで都合がついた有志でまずは打ち上げしました。
みなさん、お疲れさま!!

平成29年度修士論文発表会 2018年2月14日

2月13日-2月14日に情報理工学専攻の修士論文発表会が行われました。大規模知識処理研究室からは14日午前に5件の発表を行いました。皆さん、お疲れ様でした!!

  • 統計データのホットスポットのZDD表現に関する研究 (石丸 亮)
  • グラフ分類における特徴量探索空間の拡張 (岡崎 文哉)
  • 組成情報と要素特徴量の統合に基づく多元系触媒活性の予測 (鈴木 慶介)
  • 株価データベースの曜日傾向に基づく類似パタン抽出法に関する研究 (林 大祐)
  • 全部分グラフ指示子に基づく非線形グラフ分類回帰 (横山 侑政)

平成29年度卒業論文発表会 2018年2月10日

2月9日に情報理工学コース及びコンピュータサイエンスコースの卒業論文発表会が行われました。研究室からは情報理工学コースで5件、コンピュータサイエンスコースで2件の発表を行いました。4年生の皆さん、お疲れ様でした!!

  • 木アンサンブルに基づく変数間交互作用の推定 (横山 祐也)
  • ランダムフォレスト分類器のハードウェア化に向けた数値量子化方法に関する研究 (櫻田 健斗)
  • ZDDを用いた集合分割の族の表現法とその実験的評価 (髙橋 翔哉)
  • グラフ畳み込みネットワークに基づく化合物データの特徴表現の学習 (菊地 翔馬)
  • グラフ分類における部分グラフ特徴集合の確率的探索 (白川 稜)
  • ハイパーパラメータ探索におけるメタ学習の有効性 (宮村 優介)
  • ZDDを用いた組合せテストケースの最適解列挙に関する実験と考察 (大畑 翔平)

第105回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI) 2018年1月31日

2018年1月28日(日), 29日(月)に沖縄県石垣市にて開催された人工知能学会 第105回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)において、研究室から下記の5件の研究発表を行いました!アルゴリズム研究会(SIG-AL)第166回研究会との共同開催でした。発表の皆さん、お疲れ様でした!

  • グラフ分類における部分グラフ特徴集合の確率的探索 (白川 稜, 岡崎 文哉, 瀧川 一学)
  • 部分グラフとその共起を用いたグラフ分類 (岡崎 文哉, 瀧川 一学)
  • 日本株データベースにおける曜日効果を考慮した投資モデルの網羅的分析 (林 大祐, 羽室 行信, 岡田 克彦, 湊 真一)
  • 決定化されたグラフパターントライの学習アルゴリズム (坂上 陽規, 栗田 和宏, 瀧川 一学, 有村 博紀)
  • 順序決定木に対する正則化パラメータ推定の高速化 (金森 憲太朗, 石畠 正和, 湊 真一, 有村 博紀)

招待講演のPreferred Networks比戸さんのご講演や、アルゴリズム研究会の発表、懇親会での様々な方との交流も含めて、大変勉強になり有意義な会でした。石垣島は、最近の寒波の影響で、ますます極寒の北海道

と異なり、20度前後の過ごしやすい気温で同じ日本とは思えない違いに驚きました。