大規模知識処理

工学部大運動会 2017年6月30日

6月30日に恒例の北海道大学工学部大運動会が陸上競技場にて開催されました!情報理工学は見事0点で最下位に。来年こそは…

電子情報通信学会 信号処理研究会(SIP) 2017年6月21日

6月19日〜20日にかけて、新潟大学五十嵐キャンパスにて開催された電子情報通信学会 信号処理研究会(SIP)にて瀧川准教授が招待講演を行いました。回路とシステム研究会(CAS)、VLSI設計技術研究会(VLD)、システム数理と応用研究会(MSS)との合同研究会でした。

  • 合成変量とアンサンブル:回帰森と加法モデルの要点 (瀧川 一学)

電気化学会 第33回ライラックセミナー・第23回若手研究者交流会 2017年6月12日

6月10日〜11日にかけて、おたる自然の村おこばち山荘にて開催された第33回ライラックセミナー・第23回若手研究者交流会にて瀧川准教授が講演を行いました。119名が参加する合宿形式での集まりで、夜遅くまでまた朝早くから幅広いいろいろなお話しが聞けて楽しかったです!

  • 機械学習は化学研究の”経験と勘”を合理化できるか? (瀧川 一学)

人工知能学会全国大会 JSAI2017 2017年5月29日

5月23日〜26日に名古屋市にて人工知能学会全国大会(JSAI2017)が行われました。
大規模知識処理研究室および基盤Sからの発表は口頭発表が6件でした。皆さん、お疲れ様でした!

北大人図鑑 機械学習研究者・瀧川一学 2017年5月27日

北大人図鑑のバトンリレーが回ってきて瀧川准教授が出演しました!最初にカメラリハーサルでオープニングの歌を歌うのですが目一杯二人で歌いはじめたら隣の部屋の湊先生が何事かと笑いながら覗きに来られました。

北大人図鑑 機械学習研究者・瀧川一学

3つのキーフレーズ:

  1. ネットワーク構造をともなう機械学習
    ~大規模データが異分野の境界領域をつなぐ~
  2. ドイツ、音楽、娘の成長から感じるAIの哲学とは?
  3. 熟練の経験と勘を、だれもが使えるツールに

機械学習研究者・瀧川一学さん [北大人図鑑 No.5] https://youtu.be/XNz3D26wy0o

寄附で応援!北大の研究・瀧川一学准教授 2017年5月26日

瀧川准教授が、大学の研究と市民の皆様との距離を近くし、市民の皆様からの応援を募る北大の新しい試みに参画しています。

寄附で応援!北大の研究:瀧川一学准教授

少子高齢化による社会保障費の増大など国の厳しい財政難が進み、国立大の運営費も年々減額となり、国の将来を担う基礎研究や人材育成の基盤が揺らいでいます。国立大学も、今までのように当たり前のように国の支援を待ち、減額に一方的に文句や批判を言うばかりではなく、自由な研究活動の場をどうすれば守っていけるのか研究者自身も考えていく必要があると考えます。

楽団や芸術がその活動を愛好し応援する市民によって支えられるように、科学技術を切り開く活動も、好奇心や希望を通して将来は市民によって応援いただき支えられるよう変えていかなくてはならないのではと我々は考えています。課題型の競争的資金や企業との共同研究によって支えられる実践的段階の短期的研究活動と並行して、本質的には「やってみなければ分からない」はずの科学技術研究の本来の姿である萌芽的な基礎研究や次世代の人材教育を多くの皆様と分かち合い、その活動基盤を支持・応援いただけるように一生懸命がんばっています。

– 2017年6月17日(土) NHK おはよう日本

– 2017年6月12日(月) NHK ほっとニュース北海道 研究を守れ 北大新プロジェクト

– 2017年4月14日(金) 朝日新聞 「研究費、市民から広く募る」「支援者増やし交流深めたい」

– 2017年5月11日(木) 北海道新聞夕刊 「研究費 市民の支えを」「ファンつくりたい」

– 2017年6月3日(土) NHKニュース おはよう北海道 市民が救う 北大の最新研究

寄附で応援!北大の研究・瀧川一学准教授 https://youtu.be/bn00F6SoE1Q

平成28年度 卒業・修了・学位授与式 2017年3月24日

3月23日(木)にめでたく本年度の卒業・修了および学位授与式が行われました。大規模知識処理研究室からは、博士後期課程 井上 祐馬さん、修士課程 穐本 浩昇さん、竹内 文登さん、学部 奥山 葉月さん、越野 沙耶佳さんが学位記の授与を受けました。おめでとうございます!

当日は前日までの雪解けを帳消しにする季節外れの吹雪でしたが、これは「過ごした時間を忘れないで!」という北海道からの「はなむけ」でしょうか!?夜には札幌を離れる人たちを送る送別会が行われました。新しい世界へ巣立っていく皆さんのご活躍を期待しています!

さらに、竹内さんは本年度の情報科学研究科長賞も受賞しました。おめでとうございます!

情報処理学会第79回全国大会 2017年3月19日

3月16日(木)〜18日(土)に名古屋大学にて情報処理学会第79回全国大会が行われました。大規模知識処理研究室からは以下の4件の発表を行いました。お疲れさまでした!

  • 3H-02 論理制約を伴う最短路問題を解く動的計画法の空間計算量の削減.
    ○竹内文登(北大),安田宜仁,西野正彬(NTT),湊 真一(北大)
  • 3V-07 ABS作動データを用いた分析による札幌市内の道路凍結の予測.
    ○穐本浩昇,田中 讓,瀧川一学(北大)
  • 5A-04 ZDDを用いた0-1多目的ナップサック問題のパレート解列挙.
    ○鈴木浩史,湊 真一(北大)
  • 5A-05 複数の順列に共通して現れるパターンの列挙法.
    ○井上祐馬,湊 真一(北大)

さらに、竹内さんが全国大会学生奨励賞をいただきました。おめでとうございます!

名古屋には摩訶不思議な食べ物があり、昼ごはんに挑戦した強者たちがいたとかいなかったとか…

第103回人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI) 2017年3月15日

3月13日(月),14日(火)に由布市湯布院にて人工知能学会 第103回人工知能基本問題研究会 (SIG-FPAI)が行われました。大規模知識処理研究室からは高さんが口頭発表を行いました。お疲れさまでした!

  • Inference Calculation of Partitioned Bayesian Networks Using d-Separation Based on ZDD Compilation (高 サン,石畠 正和,湊 真一)